dot-ai, Vol.2

このセミナーイベントは終了しました。

最新情報

フォローアップページ

上記のフォローアップページの閲覧には、ID/パスワードが必要です。

ビデオ参加のお申し込み

ビデオ参加されると、下記が可能です。

開催概要

Vol.2は、それぞれ20分間のショートセッション大会です。お問い合わせ前には、FAQをご一読ください。

イベント名 dot-ai, Vol.2「ネタ祭り2013」
日時 2013年11月23日(土)14:00-19:30(13:30 開場)
会場 ベルサール九段
定員 260名
出演
(順不同)
鷹野 雅弘(スイッチ)@swwwitch
尾花 暁@akatsuki_obana
樋口 泰行(樋口デザイン事務所)@higuchidesign
大倉 壽子@hisara_
カワココ(イラレラボ)@kawacoco
五十嵐 華子(hamko)(イッカラボ)@hamko1114
茄子川 導彦(ADAM)@nskw_g
今関 洋一@youichi7imazeki
高橋 としゆき(Graphic Arts Unit)@gautt
楠藤 治(ディメンションナントウ)@dn105
黒葛原 道(eater)
イシジマ ミキ(ザ・マーズナレッジ)@woopsdez
井上 明(ライトハウス)@wellover
参加費 8,000円(当日枠)
7,350円(事前決済)
6,300円(10月22日15時まで)
5,250円(9月20日15時まで)
3,000円(ビデオ参加)
3,500円(ビデオ参加、追加販売)
主催 DTP Booster実行委員会
協力 DTPの勉強部屋大阪DTPの勉強部屋CSS Nite
DTPの勉強会(東京)新潟グラムアドビ システムズ
協賛 Illustratorクリエイター能力認定試験(サーティファイ)
URL http://www.dot-ai.com/vol02/
Twitter ハッシュタグは #dotai2 です。
Facebook このセミナーのFacebookイベント

※企業名の「株式会社」などの表記は省略させていただいています。

最新情報

最新情報はTwitterをチェックしてください。FAQもご覧ください。

@dot_ai_jp からのツイート

各セッションの概要、講演者

セッション順などは、追ってタイムテーブルに掲載します。プロフィールは、本セミナーイベント開催時のものです。

第1部「表現1」

Illustrator 3Dでラクするイラスト作成

ロゴ作成などで使われることの多い3D効果。クセのある機能と思われがちですが、コツやポイントをおさえればイラスト作成でも強い味方になります。さらに、使い方次第では、イラスト作成が苦手な方でも効率よくイラストが描けるようになります。

このセッションでは、実際に3D効果を使って作成したイラストを紹介しながら、その機能の使いどころをご紹介。また、デモを交えつつ実際の作業工程を解説します。

五十嵐 華子(いがらし・はなこ)

チラシや冊子などの制作をメインとする印刷会社でオペレーター、ディレクターを経て、2010年に退職・独立。現在はDTPやデザインをメインにフリーランスで活動中。最近では趣味が高じてイラストの制作業務も手がけています。

イラスト制作・DTPオペレーション両方の観点から、見た目も構造も美しく、「後工程に迷惑をかけないデータ」を目指して日々模索中。

DTPで役立ちそうなTipsやIllustratorを使ったイラスト作品などを自身のホームページhamfactoryにて公開しています。

3Dマッピングの平面的活用 —見出しにビットマップ画像を取り入れる—

見出しに「背景画像を使ってほしい」と依頼を受けるケースは、案外多く発生します。
Webでは、CSSを使用して背景画像を指定できる一方、印刷物を作る場合は、ドキュメント内でテキスト/画像とを分けて配置せざるを得ない状況が多くあります。しかし、テキストと画像を分けて配置すると「画像/テキストが移動時にズレるおそれがある」「多重にオブジェクトが重なるので選択が面倒」といった問題が発生します。

このセッションでは、これらのリスクを低減することをねらいとし、3D効果によるビットマップ画像のマッピングを使い、見出しを分割することなく、背景画像を敷くテクニックをご紹介します。

今関 洋一(いまぜき・よういち)

1985年生まれ。専修大学文学部卒業。

印刷会社勤務を経て、現在は都内出版社に勤務するDTPオペレーターです。表紙から本文まで、書籍/雑誌の制作を担当しています。表紙制作がキッカケで、Adobe Illustratorのトリコになりました。

DTPの小ネタ等を取り扱うブログ「Blue-Screeeeeeen.net」をやっています。

ラクする文字用アピアランス

流通系チラシなどでは、扱うテキストが「本文」ではなく、ほとんどが「アイテム」として存在しています。そのような案件に使われる部品を例に、少しでも作業をラクするためのアピアランスTipsを、文字オブジェクトにフォーカスしてご紹介します。

茄子川 導彦(なすかわ・みちひこ)

DTPデザイナー

Illustratorがメインの制作環境であるDTP現場に従事し、主に商業グラフィックデザインを手がける、小さな町の現役DTPデザイナー。

DTP現場では時間に追われながら作業せざるをえない場面もあり、その中で特別なスクリプトを使わずとも少しでも作業時間を短縮できないかとアピアランス機能に目をとめた。 Illustrator含む、DTPやMacに関する情報をカタチに残そうと思い、ゆるく「ADAM」というブログを始める。

第2部「効率化と原理原則」

補助線を使って、弧が美しいロゴを作る

ロゴに限らずアイコンや文字を作るときに美しいカーブを描くことは、技量だけでなく、知識が必要になるところです。

英語のSの曲線はいまでもキレイに描けているか疑問になるときも。アンカーポイントやハンドルが少なく美しかったとしても図形として正しいのか。そういったときに覚えておきたいのが補助線の使い方です。

本セッションではロゴを作るときにどのようの補助線を引くとキレイなアールが描けるのか、そして、そこを意識するためのガイドの使い方を解説していきます。

石嶋 未来(いしじま・みき)

ザ・マーズナレッジ株式会社

1982年生まれ 高校卒業後、栃木県のデザイン事務所を転々としパチンコ屋のチラシや、観光協会Webサイト、求人チラシや地域情報紙などを制作。2007年にTwitterがきっかけでライブドアに入社。Web制作を本格的にはじめる。

2009年に「ウープスデザイン」として独立。デザイン業のほか、執筆やコワーキングスペース事業も。表現でなく考え方で遊びを持たせるものが作りたい。越冬できるキリギリスを目指して、少し働いて好きに遊べるよう人生実験中。

好きな言葉は「人生を棒にふるくらいヒマとゆとりをもって遊ぼう」。

制作実績など掲載、おまけでデザインの考え方や制作フローも書いています。
http://blog.woopsdez.jp

スクリプトを使って作業を効率化しよう!

Illustratorでの作業の中には単純作業や反復作業も多々ありますが、これらの作業は「スクリプト」を使うことで自動的に処理することができます。また、スクリプトを使えば、通常の作業方法では操作できない機能を実行することもできます。

このセッションでは、スクリプトの使い方や知っておくと便利なスクリプト・Tipsを紹介します。どのような場面でどんなスクリプトが使えるのか、デモを中心に進めていきます(スクリプトの作り方には触れません)。

尾花 暁(おばな・さとる)

フリーランスデザイナー(あかつき@おばなのDTP稼業録

大手印刷会社の協力工場にて製版・制作業務に従事ののち、2007年に独立。書籍や雑誌などの出版系のDTP業務を担当。最近は職業訓練校にてDTPに関する講義も担当している。

関東でDTPに従事している方向けの勉強会「DTPの勉強会」を主催。
著書に『10倍ラクするIllustrator仕事術』(共著、技術評論社)など。

シンボルで作るライブラリ+AI-AIリンク

忘れやすい用紙サイズ、よく使うロゴマークは、[シンボル]パネルに登録することでスピーディに配置したり、修正が生じる場合に一括更新することが可能になります。。

また、IllustratorファイルにIllustratorドキュメントの配置は、作業の効率化だけでなく、ヒューマンエラーを少なくすることにつながります。一度、面付け作業を設定しておくことで再配置が一瞬で完了する手順などをご説明します。

楠藤 治(なんとう・おさむ)

制作会社にて「Illustrator 3.2J」と出会い、印刷物のオペレーターを経て1995年に独立。Ver.5〜CCまでのIllustratorを使用してきました。現在はDTPデザインやDTP関連の講師としてフリーランスで活動中。

日々の日課として、時間が短縮できるようなIllustrator作業を目指しています。
DTP関連のブログ「DTPメモログ」にてTips、バグ情報など掲載中。

アートボード機能を使い倒す

Illustrator CS4以降に搭載されたアートボードは、チラシの表裏やA案/B案/C案のように、同じサイズのアートボードで作成すれば「ページ」のように使い、1PDFで書き出すことが可能です。しかし、見開き時のページの隣接や、自動ノンブル(ページ番号)、マスターページ機能などの機能が十分でないため、「ページもの」の扱いには向きません。

アートボード機能が効果的なのは、異なるサイズを扱う場合です。Webで使うバナー、名刺/便せん/封筒など、同じアートワークやスウォッチを使い、それぞれ異なる画像として書き出す場合などに向いているといえます。

このセッションでは、簡単そうでトリッキーで奥が深いアートボード機能について掘り下げます。

鷹野 雅弘(たかの・まさひろ)

株式会社スイッチDTP Transit

1996年にDTP制作プロダクション「株式会社スイッチ」をスタート。 その後、Web制作、 コンサルティング業務にシフト。トレーニングやテクニカルライティングのほか、書籍の企画や編集なども行っている。

CSS Nite(Web制作者向け)、DTP Booster(DTP制作者向け)などのセミナーイベントを企画運営するほか、DTP制作者向けの情報サイトDTP Transitを2005年から継続している。

テクニカルライターとして20冊以上の著書を持ち、総販売数は14万部を超える。主な著書に『10倍ラクするIllustrator仕事術』(共著、技術評論社)、『よくわかるDreamweaverの教科書』(共著、マイナビ)など。

第3部「文字、Web、EPS」

これだけは押さえておきたい、Illustratorでの文字の並べ方

横組みアルファベットの世界に生まれた印刷用の線画作成アプリケーションであるIllustratorは、日本語版のために縦組みを含む機能を拡張してきました。

それを理解しつつ、仕事に役立たせるにはどうしたらよいか。 単ページや二つ折りなどの端物印刷の縦組み・横組み・和欧混植。実用最優先の視点で、Illustratorの限界と可能性をさぐります。

準備中井上 明(いのうえ・あきら)

IIciにIllustrator 1.9.5Jをインストールしたのが、運のツキだったかと。 商品の市場導入をお手伝いしてきて、ときにプレゼンテーター、ときにデザイナー、そしてあるときはコピーライターとして活動してきました。

写植の世代から、DTPの黎明、そしてヒラギノを中心とするデジタルフォントが普及と展開をしていく時期に、関わることができてラッキーです。

脱EPS!正しいデータ作成のすすめ 〜ダイジェスト版〜

Illustrator使いにとって、EPSというファイルは切っても切れない関係でした。しかし、安全神話であった「EPS」は、もはや今の制作フローの中では安全ではなく、逆に足かせとなるケースも多々あります。
特にクライアントからの要望で、「透けるようなデザイン」や「ドロップシャドウ」を多用することもあり、明らかにEPSでは表現できないデザインが増えています。

現在はPDF形式での入稿も増えてきている中で、「とにかくEPS」という時代は終わりました。そうはいっても、「PDFならなんでもいい」わけではありません。EPS、ネイティブ(.ai)、PDFを入稿データとして扱う際の落とし穴となるデータ作成例から、正しい知識で、効率化とミスのないデータ運用のポイントをデザイナーサイドの目線で解説していきます。

出力のためにデザインの幅を狭めてしまうのではなく、ただし知識をつけ、イメージ通りのデザインができるようにワークフローを変えていきましょう!

大倉 壽子(おおくら・ひさこ)

司会、デザイナー、セミナー講師、「結城 しおり」の名で舞台女優とマルチに活躍。

現在、アドビ システムズで、全製品を網羅しているスペシャリスト。
PhotoshopやIllustrator、InDesignをはじめ、全国各地で年間300回ほど、アドビ製品を最新バージョンから裏技まで、常にユーザー目線で紹介。そのセミナーのテクニックは、さまざまなデザイナーのヒントになっており、非常にわかりやすいセミナーとの定評あり。脱EPS推進委員長。
Twitter: http://twitter.com/hisara_
Facebook: http://www.facebook.com/hisara0913

IllustratorでWebデザインする方法

Webデザインやスマホ向けのデザイン制作にはおもにFireworksやPhotoshopを用いることが一般的ですが、あえてIllustratorを使うことで得られるメリットもあります。

たとえば、最近のWebデザインでは、解像度の異なるさまざまなデバイスでの表示への対応、retinaディスプレイなどの高密度の解像度対応のために、2倍のサイズのグラフィックを用意しないといけない、といったようなケースも当たり前のようになってきています。このようにさまざまなケースに対応するためには、従来の手法では効率的な制作が難しくなりつつあります。

そこで検討したいのがIllustratorです。Illustratorの特徴である「拡大・縮小でも劣化しない」、「ビットマップデータに比べて軽い」など、ベクトルデータのメリットを存分に活かしたデザイン制作が可能になります。

今回のセッションでは、現状のWeb制作のトレンドを踏まえつつ、IllustratorでWebデザインを行う際に必要な設定や考えかた、Webデザインを行う上でのTips、Web用のデータを書き出す際の方法などをお話します。

黒葛原 道(つづらはら・とおる)

デザイン事務所eater

1974年 大阪府大阪市に生まれる。
マイカルグループの広告制作部門に勤務。その後広告制作会社にてインディーズ音楽系フリーペーパー(JUNGLELIFE)のデザインや、Webサイトのデザインを行う。
2001年よりフリー。

現在はデザイナー後藤修氏との共同事務所『eater』にて、グラフィックデザイン、Webデザイン、サイト構築などを手がける。また、各方面でWeb制作に関する講師も担当。

2012年からセミナーイベント「Design Pledge」を主宰。
「DTPやWebのフィールドにこだわらず、大きなくくりでデザインに関するものを扱っているセミナーイベント」をテーマに開催している。

霧島酒造主催の第8回ニシタチ霧島フラッグコンペティション奨励賞を受賞。

第4部「表現2」

Illustratorで光の表現

CMYKで運用されていることが多いIllustratorですが、RGBモードによる表現の幅もあなどれません。

画像やイラスト制作のひとつのツールとしての“イラレの概念を覆す”Illustratorで光を表現する作例と技をご紹介します。

川端 亜衣(かわばた・あい)

フリーランスデザイナー

制作会社で印刷物、パッケージ、Webなどの制作を経て、現在はフリーで活動中のWebデザイナー。最近はイラスト制作の仕事も増えてきてボーダーレス可が進行中。Adobe Illusutratorの魅力にとりつかれて、各種勉強会にも参加。

イラレラボの中の人。

Illustratorで作る漫画的表現

Illustratorには多くのカラー機能が搭載されていますが、その出発点は白黒だけでした。アピアランスなど多くの機能を組み合わせれば、白と黒の世界でもさまざまな表現が可能です。漫画だけでなく多くの印刷やイラスト用途にも応用できる白黒表現の作り方をご紹介します。

写真:樋口泰行樋口 泰行(ひぐち・やすゆき)

グラフィックデザイナー

大阪芸術大学デザイン学科卒。海外向け広告代理店でのディレクターを経て、グラフィックデザイナーとして独立。イラスト、広告・DTP・Webデザイン・プレゼン制作をメインに活動。クリエイティブ関係のテクニカルライティング・取材執筆を行う。

主な著書に『だれでもレイアウトデザインができる本』『だれでもプレゼンシート+ポートフォリオをデザインできる本』『いちばんわかりやすいPhotoshop』(エクスナレッジ刊)、『できるPhotoshop Elements 11』(インプレス刊)『ADPS&EPUBがやってくるInDesignで作る電子書籍』『ADPSをビジネス活用!』(ワークスコーポレーション刊)などがある。

画像トレースを活用した表現あれこれ

画像トレース(ライブトレース)は、ラスター形式のデータをベクター形式に自動変換するための機能です。本来の機能である「写真をイラスト風にする」「画像のロゴを自動トレースしてベクター化する」などの目的で使われることがほとんどですが、実はそれ以外のデザイン表現にもいろいろ活用できます。

画像トレースを使ったパーツやロゴ作りを通じて、活用方法の一端をご紹介します。

高橋 としゆき(たかはし・としゆき)

愛媛県を中心に「Graphic Arts Unit(グラフィックアーツユニット)」の屋号で活動するフリーランスのグラフィックデザイナー。紙媒体からウェブまで幅広いジャンルを手がけ、デザイン系の書籍も数多く執筆(著書一覧)。

プライベートサイト「ガウプラ」では、オリジナルデザインのフリーフォントを配布しており、TVCM、ロゴタイプ、アニメ、ゲーム、広告など、さまざまな媒体で使用されている。

タイムテーブル

開始  ステージ 出演者
13:30 開場 
14:00 オープニング 
14:05 第1部
「表現1」
Illustrator3Dでラクするイラスト作成 五十嵐 華子(hamko)
(イッカラボ)
3Dマッピングの平面的活用 今関 洋一
ラクする文字用アピアランス 茄子川 導彦(ADAM)
15:00  休憩 
15:15 第2部
「効率化と原理原則」
補助線を使って、弧が美しいロゴを作る イシジマ ミキ
(ザ・マーズナレッジ)
スクリプトを使って作業を効率化しよう! 尾花 暁
シンボルで作るライブラリ+AI-AIリンク 楠藤 治(ディメンションナントウ)
アートボード機能を使い倒す 鷹野 雅弘(スイッチ)
16:35  休憩 
16:50 第3部
「文字、Web、EPS」   
これだけは押さえておきたい、
Illustratorでの文字の並べ方
井上 明(ライトハウス)
脱EPS!正しいデータ作成のすすめ 大倉 壽子
Illustrator次期バージョンの新機能紹介 岩本 崇(アドビ システムズ)
IllustratorでWebデザインする方法 黒葛原 道(eater)
18:10  休憩 
18:25

第4部
「表現2」

 

Illustratorで光の表現 カワココ(イラレラボ)
Illustratorで作る漫画的表現 樋口 泰行(樋口デザイン事務所)
画像トレースを活用した表現あれこれ 高橋 としゆき(Graphic Arts Unit)
19:25   エンディング  
19:30   終了  

企画背景

「dot-ai」(ドット・エーアイ)は、ユーザー有志によって企画されているIllustratorに特化したセミナーイベントです。

お申し込み

このセミナーイベントは終了しました。

参加費

早期割引はお申し込みされた日時ではなく、決済のタイミングですのでご注意ください。

種別 決済のタイミング 会場参加 ビデオ参加
超早割 9月20日15時まで 5,250円 3,000円
早割 10月22日15時まで 6,300円
通常 それ以降 7,350円
当日 当日 8,000円  
それ以降     3,500円

決済について

お申し込みから決済完了までの流れ(会場参加)

次の場合には(お振り込み後に)こちらのフォームからご連絡をお願いいたします。

ビデオ参加について

ビデオ参加にお申し込みの方は、下記からお願いします。

dot-ai, Vol.2にビデオ参加する

お知らせ

FAQ

お問い合わせいただいたご質問にお答えします。

お申し込みについて

昨日申し込みをして、先程も返事なくて再度申し込みしたが...
お申し込み後には自動返信でメールを送信しています。
届かない場合には(1)メールアドレスのご記入に誤りがある(2)迷惑メール扱いになっている、のどちらかが考えられます。
資料は当日会場で配布されるのですか?資料は出力紙のみですか、PDFもありますか?
紙ベースでの配布資料は基本的にありません。イベント終了後に、PDFなどでのダウンロードをご案内します。セッションによっては、デモデータをダウンロードで提供します。

ご参加当日について

机はありますか?
はい。
無線LANはありますか?
若干はご用意する予定です。
電源はありますか?
会場の両サイドにある電源をお使いいただいてOKですが、分け合ってお使いください(ぜひ、電源タップなど延長できるものお持ちください)。
また、ACアダプターにつまづいてPCが落下などされないように、くれぐれもお気をつけください(休憩中はコードをはずしておいたり、養生テープなどで固定された方がよいかもしれません)。
仕事のため、途中退席しなければなりません。
問題ありません。ただし、部分的な返金はご容赦ください。
遅刻してしまいそうなんです。途中で抜けなければなりません。
セッション中のご移動は、着席されている方の視界の妨げになりますのでお控えください(後部にて、次の休憩までお控えください)。

セミナーについて

ノートパソコンの持ち込みは可能ですか?
ご自由にどうぞ。ただし、電源は限られていますので電源タップなどを分け合ってお使いください。
なお、若干ですが、無線LANをご用意する予定です。
録画された動画はwmv形式などのファイルでいただき、後で繰り返し見ることはできますか?
はい、ダウンロード可能です。
受講票はいつ送られてきますか?
セミナー開催日の1週間前から3日前くらいにメールにてお送りする予定です。
セミナーが中止になったときには?
主催者都合のよる中止のときには、全額返金いたします。
延期の場合には希望される方には返金いたします。なお、天災による中止(や延期)の場合には、会場費などの支出費用を差し引いた上で返金いたします。
受付はどのように行われますか?
メールにてお送りする受講票をプリントアウトしてご持参ください。
途中参加は可能ですか?
はい、可能です。ただし、次の2点にご留意ください。[1]部分的な返金はありません。[2]セッション中は(すでに座っている方の妨げになるため)後部にて待機ください。転換や休憩時にご移動ください。

決済などについて

請求書を発行いただけますか?
希望される方には、PDFに限り、請求書を発行します。
キャンセル規定について教えてください。
開催1週間前まではビデオ参加費を除いて返金します(例:参加費7,350円-3,000円=4,350円)。
開催1週間を切ってのキャンセルの場合には返金いたしませんが、フォローアップ(動画)を共有します。
キャンセルフォームからご連絡ください。
領収書を発行していただけますか?
はい、決済方法にかかわらず、全員の方にお渡しします。イベント当日にお渡しします。
なお、領収書の日付はイベント当日です。
個人で振り込みますが、領収書は会社宛に発行して頂きたいです。
個人/法人、PayPal/銀行振込に限らず、宛先無記名の領収書を、当日にお渡しします。
領収書の発行名は発行名は●●●(株)宛でお願いいたします。
領収書は無記名のものをお渡しします。必要であれば休憩時間に対応しますので、当日お申し出ください。
事前にいただいても対応できません。
銀行振り込みの場合の振込先は?
お申し込み後に送信される自動返信メールに記載しています。
参加できなくなった場合、ほかの人間に譲ってもいいですか?
はい。
PayPal決済で申し込みましたが銀行振込にしたいのですが...(銀行振込で申し込みましたがPayPal決済にしたいのですが...)
決済後にご連絡ください。お申し込みをやり直していただく必要はありません。

シェア

ブログやサイトにバナーを掲載いただければ幸いです。ソースコードのままご利用ください。

dot-ai, Vol.2 (幅150ピクセル×高さ150ピクセル)

協賛

協賛のお申し出をお待ちしています。

お問い合わせ

dot.ai.jp@gmail.comまでご連絡ください。